1. HOME
  2. 留学情報
  3. 留学保険や州保険でカバーされないかもしれない?カナダ滞在中の旅行と保険

留学保険や州保険でカバーされないかもしれない?カナダ滞在中の旅行と保険

昨今ではコロナの影響が日々薄れ、カナダでも他州やアメリカなど国外へと旅行に出かける方が増えてきました。留学中の方もせっかくのカナダ滞在中、旅行を楽しみたいとお考えの方も多いかと思います。一方、ニュースでは旅行中のコロナ感染、予期せぬ隔離を命じられたことでの多額の費用や飛行機の遅延、中止による旅行期間の延長など、旅行保険の重要性が紹介される場面が増えています。皆さんの間ではカナダをはじめ、日本以外の国へ旅行に行かれる際、医療保険への加入は周知されていることと思いますが、旅行手段、期間や現在の補償内容によっては加入中の保険だけでは不十分な場合、また医療保険以外の保険加入が推奨される場合が多くありますこと、ご存じない方も多いのではないでしょうか。旅行を検討される際に是非知っておいていただきたい保険についてご紹介いたします。

カナダで留学してみませんか?
  • カナダの大学・カレッジ進学に興味がある
  • ワーホリで働きながら留学したい
  • カナダで就職・移民が気になる
  • Co-op、看護師留学など多数取り扱い

あなたに合った留学のカタチをご紹介します。留学のご相談は無料です。

カナダ州外、国外旅行に関するリスク

留学生の方の多くはカナダの州保険、カナダの民間の保険、又は日本の保険と、加入されている保険は様々かと思います。第一にご確認いただきたいことは、お持ちの保険が旅行先の州、国で適用されるのか、適用要件、制限についてです。民間の保険はカナダ全土で適用されることが多いものの、カナダ、日本以外ですと滞在期間に制限がある場合が多いです。カナダの州保険では州により異なりますが、私の住むブリティッシュコロンビア州で提供しているMSPでは、他州でも適用されるものの、補償内容が非常に限られています。例えば医師による診察や治療は適用されますが、コメディカルや看護師による処置や治療は含まれず、入院費用の上限も限られているため、とても十分とは言えません。また、MSPはカナダ国外への補償は含んでいません。旅行中の病気や怪我ではある程度病状が落ち着いた際に、ご自宅へ戻る手段やそれに伴う費用が問題となります。飛行機や車など、旅行で来られた手段と同じようにご自宅へ戻れれば理想的ですが、病状や怪我の状態により、特別な飛行機などを手配しなければいけない場合は多額の費用が生じてしまいます。あまり考えたくないですが、旅行先でお亡くなりになる方も世の中にはいらっしゃり、残されたご家族やご友人がご遺体の長距離搬送において、金銭的な負担を負ってしまうことは避けたいものです。このようにカナダ又は日本の民間保険に加入中の方々も、何かあった場合にご自宅へ戻る費用が含まれているかどうか、ご出発前に一度補償内容を見直されることをお勧めします。

従来の旅行保険で取り扱われる、旅先での病気や怪我の他、コロナに関連した懸念事項もいくつかあります。旅先でのコロナ感染に伴う入院、治療はもちろん、コロナ陽性が発覚したことで生じる隔離、度重なる検査費用が該当します。特に隔離が命じられた場合、元々滞在を予定していた滞在先以外の場所で過ごさなくてはならないことや、それに伴う食費、交通費など、多額の出費が予想されます。コロナ陽性でなくても、飛行機に搭乗される際にコロナ症状がみられ、あいにく搭乗拒否となってしまうかもしれません。また、直接的なコロナの影響ではないかもしれませんが、現在多くの航空会社では、人手不足等が理由での飛行機の遅延や中止が相次ぎ、荷物の紛失や遅延もよくニュース報道されています。すぐに次の航空便に搭乗できればいいのですが、コロナの影響で便数自体を減らしていることもあり、近隣のホテルで数泊しなくてはいけないことも珍しくありません。そういった場合は航空会社によりホテル代や食費など提供されるだろう、と期待される方が多いのですが、残念ながら全く何も提供されないケースも多く、旅行保険に頼ることとなりかねません

メキシコ旅行体験談

実は私自身、旅行保険に助かった経験者でもあります。2022年6月、手厚い旅行保険をもってメキシコ旅行に2週間出かけました。ニュース報道から多少の飛行機の遅延は想定していましたが事態は想定外にひどく、予定より丸一日遅れでの到着、紛失された荷物は6日間も手元に届かず、帰りは2日遅れの到着となりました。驚いたことに、航空会社側は全ての遅延、荷物の紛失に対し、コントロールできる範囲外で起こった出来事であることを理由に全ての支払いを拒否しています。経由地での予定外の3日間のホテル宿泊、食費、また荷物紛失による衣類や生活用具の購入費用と、約2000ドルもの費用負担を強いられ、現在でも航空会社とのやりとりが続いています。

医療保険の加入により、旅行中の病気や怪我による費用負担の心配なく、のびのびと楽しめたことはもちろんですが、今回の飛行機の遅延、荷物の紛失を経験したことで、改めて保険の有難みを実感しました。振り返ってみれば、空港では椅子などを利用して横になって寝ている方がたくさんいらっしゃり、航空会社のスタッフに怒鳴っている搭乗者の方など、とてもストレスの強い雰囲気のなか、疲労と戦いながら次の航空便が無事に飛んでくれることを常に願っていたことを覚えています。特に夕方以降に予定されている航空便では1時間、2時間と遅延の連絡が相次いだ末、中止が決定されますので、その時点で急遽、近隣のホテルを探すことはとても難しく、値段を見比べる余裕などありません。そういった状況の中で保険の存在はとても心強く、少し高いホテルでも躊躇せずに宿泊することができたことをありがたく思っています。

お勧めの保険内容

まずは医療保険について、旅行先での補償の有無、補償内容や金額等の制限や上限を確認します。あわせて冒頭でご紹介しました、何かあった際にご自宅への搬送費用も忘れずに確認しましょう。保険会社によって、コロナ関連での治療や入院、手術が医療保険に含まれている場合もありますが、別途購入が必要な場合もあります。他、旅行を中止される際の補償や”メキシコ体験談”でご紹介しました、飛行機の遅延など予期せぬ事柄による追加出費に関する補償は大変お勧めです。荷物紛失のほか、飛行機事故や旅行先で障害を負った際の補償もパッケージとして含まれている場合がありますので、費用が許す範囲で購入されるといいかと思います。年齢が比較的お若く基礎疾患等のない皆さんですと、従来では旅行のご予定を前もって立てられ、無事に出発の日を迎えられることが当たり前であったかと思います。昨今ではワクチン接種の有無に関わらず、予期せぬコロナ感染や類似症状の発症がいつ起こるか予想がつきにくく、旅行前だからといって事前に予防することは大変困難です。旅行前のコロナ感染をはじめ病気や怪我などが理由でやむなく旅行を中止せざるを得なくなった場合における、金銭的損失を補償してくれる保険も大変心強いものです。例えばホテル滞在費用やツアーの参加費用、現地での交通機関など、事前に手配をされ払い戻し不可のものが対象となります。特に出発直前のキャンセルでは返金が難しいことが予想されますので、保険を購入しておきたいものです。実際に先日、カナダのバスツアーに参加予定のお客様より、キャンセルやツアー中の予期せぬ事態に対応する保険加入がツアー会社より義務づけられているとのことで、お問い合わせをいただきました。その方はカナダ人で、ブリティッシュコロンビア州の保険に加入中ですので、医療保険は州保険で補償されますものの、直前のキャンセルによる返金がツアー会社からなく、ツアー中参加者の方のコロナ感染や、それに伴う予定外のホテル滞在費用など、ツアー会社側が支払わなくていいように、そういった措置がとられていることと思います。

保険会社への請求方法は会社により異なりますが、私の場合はオンラインで必要情報を入力し、関連書類をアップロード、提出した後、自宅へ小切手が届きました。自己負担をしたホテル代や食事レシートなど、証拠となるものは全て保存していましたが、航空会社からのフライト中止を告げるメール文面、フライト番号など多くの情報が求められ、少し時間がかかったことを覚えています。保険購入の時点では、誰もがスムーズで予定通りの旅行を想定されますので、不必要な出費に思えるかもしれませんが、コロナを機に保険加入の重要性が叫ばれ、各所で提示を求められたり、義務づけられる場面が増えていますので、これからは医療保険以外の各種保険も購入されることが当たり前の時代がやってくるのではと予想します

 

留学中の他州や諸外国へ旅行に行かれることはとても一般的で、お時間と費用の許される限り多くの方が検討されることと思います。一方、お手持ちの保険が旅行先でどのように適用され、万が一の入院や手術、コロナ感染にどのように役立つのか、上限や制限などの詳細を確認される方はあまり多くないかもしれません。カナダ留学という母国、ご家族から離れた生活と比べ、旅行では更にリスクが高まり、思わぬ展開から法外な費用請求をされてしまうことも容易に想定されます。特に医療保険に上乗せして、出発前のキャンセルや出発後の予期せぬ追加費用に対応可能な保険にご加入いただくことで、安心して旅行をお楽しみいただけることと思います。アフターコロナと呼ばれる現在、飛行機の遅延やコロナ感染など、従来ではあまり懸念されていなかったことが身近な問題となっています。今回の記事の内容をもって、旅行の準備にあたりご参考にしていただければ嬉しいです。

 

ライター Aki
ワーホリ、学生ビザ等でのカナダ留学歴約3年半、カナダ移民歴6年のビクトリア在住女性。
飲食店や介護施設、サービス業など幅広い業種を経験した後、ブリティッシュ・コロンビア州の保険資格を取得し、現在保険会社にて顧客対応、管理業務に従事している。
趣味はパブリックスピーキング、ズンバ、ヨガなど。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

毎月お得なキャンペーン


毎月お得なプロモーション