1. HOME
  2. 留学のカタチ
  3. カナダの首都 オタワ留学のすすめ

STYLE

留学のカタチ

カナダの首都 オタワ留学のすすめ

カナダで留学してみませんか?
  • カナダの大学・カレッジ進学に興味がある
  • ワーホリで働きながら留学したい
  • カナダで就職・移民が気になる
  • Co-op、看護師留学など多数取り扱い

あなたに合った留学のカタチをご紹介します。留学のご相談は無料です。

オタワってどんな街?

オタワはオンタリオ州東部、ケベック州との州境に位置するカナダの首都です。人口は周辺地域を含め約120万人以上と、カルガリーに次ぐカナダで5番目に大きな都市です。街中で聞こえてくる言語は主に英語ですが隣街がケベックということ、また首都であるが故の行政機関が街中に多くあることから、カナダのもう一つの公用語であるフランス語も話せるバイリンガルの方も多いです。ケベック州はなんとなくバイリンガル都市というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実はオタワでも道路標識やレストランのメニューなどは英仏両方の表記が当たり前です。オタワでの職探しは、会話程度でもフランス語ができた方が断然有利で、選択肢もグンと広がります!

春にはチューリップが咲き乱れ、どこか暖かい気候のイメージも持たれるオタワですが、なんとロシアのモスクワに次ぐ世界で2番目に寒い首都といわれています。冬は世界遺産にも登録されているリドー運河は凍り付き、北米最古、世界最長の天然のスケートリンクとなります。スケート靴を履いて通勤や通学をしている人を見かけるのはオタワならではの風物詩です。

留学の渡航先として人気のバンクーバー・トロントなどと比べると人口に占めるカナダ人の割合が高く、色んな国籍の方がバランスよくいるのが特徴です。日本人留学生もまだまだ少ない街ですので、おすすめの穴場の留学先です。

アクセス

日本からオタワへの直行便はなく、バンクーバーまたはトロントでの乗り継ぎが必要です。空港から市街地までは車でわずか20分です。トロントまでは車やバス、列車でも移動ができ、所要時間はそれぞれ5時間弱です。モントリオールへも2時間程で着くことができます。

生活事情

オタワの物価はカナダでも平均的で、バンクーバーやトロントとあまり差はありません。
シェアハウスの相場は600〜800ドル程度ですが、費用を抑えたい方は郊外のお家がおすすめです。チャイナタウンや韓国系スーパーで日本食の材料やお惣菜も購入できるため、留学中に日本の味が恋しくなっても安心です。

オタワの交通機関であるOC Transpoはバスと地下鉄のサービスを提供しています。マンスリーパスの価格は現在約120ドルです。ICカードはトロントと同じPRESTOカードが使用できます。街の移動はバスが主流ですが、政府の主要機関をはじめ、ショッピングモールや観光スポットが比較的せまいエリアに固まっているため、春から秋にかけてはシェア自転車を利用する方も多いです。

観光スポット

春は世界最大級のチューリップフェスティバル、夏は国会議事堂前で行われるカナダデーのイベント、秋にはモントリオールへ続くメープル街道、冬にはリドー運河でのアイススケートなど年中いろんな目玉イベントがあり、年間を通してカナダ国内外から観光客が訪れます。オタワでは観光名所のほとんどがオタワ川沿いにあるため、1泊2日のぶらり旅でも十分楽しめます。博物館や美術館をじっくり観光したいという方は最低でも2泊3日のプランがおすすめです。

【パーラメント・ヒル】

ByWard Market

ByWard Market

オタワのシンボルと言えばパーラメント・ヒル(カナダ国会議事堂)。カナダがまだイギリスの統治下にあった時代にビクトリア女王の命より建築され、ピースタワーの時計は独立60周年を記念してイギリスからプレゼントされました。衛兵交代式(夏限定)や、夜間のプロジェクションマッピングショーは見逃せません。20分ほど歩いてオタワ川を渡り、ケベック州対岸から眺める国会議事堂はインスタ映え間違いなしです。

【バイワード・マーケット】

Parlament Hill

Parlament Hill

新鮮なローカル野菜や果物をはじめ、ベーカリー、おしゃれなパブやレストランが所狭しと並んでいる観光名所です。元大統領がマーケットを訪れたときに食べたことで一躍有名となった通称「オバマクッキー」もここのベーカリーで売られています。
観光客だけではなく地元の人にも親しまれている場所です。

お仕事事情

英語とフランス語の両方を話せることが求められる職業が多いため、ケベック州からもバイリンガルの方が多く働きにきています。郊外に行くほど、フランス語しか話せない地域も増えてきますので、英語しかできなくて不安という人は、まずはダウンタウンでお仕事を探されるのが良いかもしれません。オタワではまだまだ日本食レストランを見かけることは少ないですが、2019年くらいからラーメン屋さんなどがオープンし始めており、日本人の方が活躍できる場所も増えてきています。

移民事情

同じオンタリオ州にあるトロントに比べると、全体的にヨーロッパや中東系のルーツを感じさせる容姿の方を見かけることが多いオタワ。もちろん郊外には中華系やインド系のコミュニティーはありますが、まだまだアジア人の進出はこれからのようです。

オタワの公用語は英語ですが2002年に法律で市営施設は全てバイリンガル表記が義務付けられたこともあり、年々オタワにおける英仏バイリンガルの割合は増え、現在は37%まで上がってきていると言われています。そんなトレンドも踏まえ、オンタリオ州では英仏バイリンガルが有利になるPNP(州別移民制度)が整えられました。英語だけでは心もとないという方は、オタワでフランス語を鍛えるのも永住権への近道となるかもしれませんね。

おすすめの語学学校・カレッジ

語学学校はアットホームな学校が多く、少人数制のクラスという日本人にとって英語を学びやすい環境が整っています。

CLLC

オタワ、トロント、ハリファックスにキャンパスを構えるCanadian Language Learning College(CLLC)は、質の高い教師陣、そして快適な学習環境の整った語学学校です。“Personalized Experience”をスローガンとし、学生が充実した留学生活を送れるようにスタッフ全員があたたかく迎えてくれます。進学準備コースにも定評のあるCLLCからはアルゴンキンカレッジへの進学も人気のプランの一つです。

CultureWorks

カナダの複数大学・カレッジの附属語学学校であるCultureWorksの最大の特徴はキャンパスが各提携大学、カレッジに併設されていることです。最短8週間の留学でも、カナダの大学生にまじってキャンパスライフを体験することが出来ます。進学先の提携校は、CultureWorksオタワ校と同じキャンパスのCarleton Universityを含む、12校もあります。

Algonquin College

高い教育水準、柔軟な就学環境、特色あるプログラムなどが特徴のAlgonquin Collegeには140以上のプログラムがあり、学生数は1万6千人以上、約1000人の留学生が在籍している大規模で国際色豊かなカレッジです。オタワの有名大学、Carlton Universityや英語とフランス語によるバイリンガルのOttawa Universityへの編入も可能です。8週間単位のプログラムで英語の4技能をバランス良く学ぶことのできる附属語学学校のプログラムも人気です。

まとめ

同じオンタリオ州にあるトロントの陰に隠れがちなオタワですが、その成り立ちから非常にユニークな特徴をもっている留学の穴場都市となっています。イギリスとフランス文化が色濃く残るカナダの首都で、皆さんも留学をしてみませんか?留学のご相談はこちらからお問い合わせください♪