1. HOME
  2. 留学のカタチ
  3. 看護師留学

STYLE

留学のカタチ

看護師留学

日本の国際化が進むにつれ、あらゆる分野で英語を使ってコミュニケーションをする機会が増えています。医療分野もその一つで、近年では日本で看護師として働かれている方たちが外国人の患者さんを担当することが増え、英語力が必要と感じて留学を決断される方も少なくなくありません。また、日本での看護師経験を活かしてカナダでも看護師として活躍される方、カナダで一から看護師を目指される方もいらっしゃいます。カナダでは看護師は常に不足している職業として挙げられていますが、コロナウイルスの影響もあり、非常に需要が高い職業です。看護師になるためには高い英語力が必要であることや日本とは異なる看護業界のシステムへの従順など難しいことも多いですが、カナダでの就職や移民に繋がる可能性の高い職業と言えます。

このような方におすすめ

  • カナダで人の役に立つ仕事に就きたい
  • 手に職を付けたい
  • 日本での正看護の経験をカナダでも活かしたい
  • カナダに移民したい

カナダの看護師免許制度、日本との違い

カナダと日本の看護師制度の大きな違いとして、日本では国で看護師免許登録がされますが、カナダの看護師制度では『州ごとに看護師登録』をしなければなりません。そのため、働きたい州・長期的に滞在したい州を決めて学校に通学・卒業し、資格取得後州の看護協会へ申請する必要があります。併せて、1つの州で既に資格をもっていて別の州で働きたい場合、資格の移行申請をする必要があります。

カナダの州による看護師資格の違い

オンタリオ州

ブリティッシュ・コロンビア州

Baccalaureate Nursing (RN):正看護師

Practical Nursing (PN) :准看護師

Nurse Practitioner (NP)

Registered Nurse(RN):正看護師

Licensed Practical Nurse(LPN):准看護師

※Nurse Practitioners (NPs) はRNs資格に追加で投薬の処方、病気の診断や診断テストのオーダーなどができる経験と追加教育されたRNのことを指します。

カナダでの看護師の需要と給料平均

カナダでは看護師は人気の職業であると同時に、常に職業不足リストに入っている職業でもあります。このため、資格取得後、カナダの就労ビザを持っていれば、職探しも難しくはありません。

気になる所得ですが、日本の看護師の平均年収は492万(2021年)。それに比べ、カナダの看護師の平均給与は約620万〜1080万円($68,000〜$119,475)/年です。州により違いはありますが、カナダ全体の平均給与である約600万円($55.800)/年に比べると平均よりも高い水準になります。

看護師になるための手順

カナダで看護師になるためには、看護師になりたい州の看護協会が認定する看護プログラムを持つ大学やカレッジを選ぶ必要があります。各州が認定している学校リストは各州のリンクから確認することができます。

◆オンタリオ州  College of Nurses of Ontario (CNO)公式サイト
◆BC州 British Columbia College of Nurses & midwives (BCN&M)公式サイト
◆その他 The National Nursing Assessment Service (NNAS) 公式サイト

※すべての認定プログラムで留学生を受け入れているわけではありませんので、注意が必要です。
※弊社は留学エージェントとなり、学校のご案内を行わない場合の看護師資格置き換えのみのご案内はしておりませんのでご了承ください。

日本の正看護資格を持っている方へ、資格・経験を利用した留学プラン

日本の学校ですでに看護教育を受けているのに、さらにカナダでも学校に行かなければならない、また、英語力が足りないとなると、カナダで看護師になるための道のりが非常に長く感じられてしまいます。通学期間が通常より短く、英語力が看護師資格の基準より低い場合であっても入学できるプログラムがあります。

一般的には、カナダで正看護師になる場合、日本同様4年制大学を卒業し、国家試験に合格しなければ看護師として看護協会への登録はできません。ただし、日本ですでに4年制大学を卒業し、正看護師資格を保持している場合、一定の就労条件をクリアすると4年間の通学を2年間で終了させることができるプログラムがあります。プログラム卒業後は、最長3年間の就労ビザであるPost Graduation Work Permit(PGWP)を申請することもできます。

もちろん日本での正看護師の資格をそのまま移行することも場合によっては可能かもしれません。しかし、移民を視野に入れている場合、カナダの就労ビザや永住権などは取得するためのハードルが高いため、資格を移行してカナダで働くより、資格取得後もカナダで働くことができる就労ビザを持っていることが最善策です。このようなことから、せっかくカナダで看護師を目指すのであれば、カレッジや大学卒業時に申請できる就労ビザ、Post Graduation Work Permit(PGWP)を取得するために2年間はカレッジに通い、その後PGWPの3年間の申請、移民へと繋げるプランををおすすめいたします。

医療英語を学ぶ

冒頭の通り、日本の国際化により、日本の医療現場や万が一の事態が発生した際に、外国人の方たちが関わってくる可能性があります。日常会話では出てこない専門用語や表現を学ぶことで、不慮の事態にも適応できる英語力を身に付けられます。特に看護師になる予定はない方であっても、医療に関する英語を学んでみたい方へおすすめのプログラムがあります。最短4週間からのコースですが、16週間コース修了後にボランティア体験ができるプログラムもあるため、英語学習+αを希望される方に適しています。

おすすめプラン

①Ontario州:Fanshawe X Western University Collaborative Nursing Dgree Program (4年間)

このような方におすすめ

  • 日本で看護師としての資格がなくカナダで一から正看護師を目指す
  • 正看護師にはなりたいができるだけ費用を抑えたい
  • なるべく少人数のクラス単位で勉強を開始したい
  • 移民を目指すための職業に就きたい

提携したカレッジ2年+大学2年のプログラムで正看護師を目指すプログラムです。
2年間カレッジで勉強することによって大学4年間の費用より若干費用を抑えることができます。また、カレッジは大学に比べ比較的少人数のクラス単位で勉強します。留学生にとって小人数の環境はより勉強に集中することができるため、おすすめのプログラムです。

②Ontario州:Humber College Practical Nursing Diploma(2年間)

このような方におすすめ

  • 日本で看護師としての資格がなくカナダで一から准看護師を目指す
  • 卒業後も働くワークビザ(PGWP)の申請をしたい
  • なるべく少人数のクラス単位で勉強を開始したい
  • 移民を目指すための職業に就きたい

トロント市内の学校では数少ない、留学生に Practical Nursing Diploma(2年間)のプログラムを開校している学校です。准看護師の雇用はカナダ全土で多く、仕事にも就きやすい職種です。手に職を持ち、仕事をしながらいつか移民の道も可能になるプランです。

③BC州:ILAC International College X Sterling College Health Care Practice And Management College Diploma Program (2年間)

Ontario州:Conestoga College Enhanced Practice for Internationally Educated Nurses(2年間)

このような方におすすめ

  • 日本で看護大学を卒業、正看護師としてお仕事をされていた方
  • なるべく短く学校に通学し、卒業後も働くワークビザ(PGWP)の申請をしたい
  • 学費を抑えたい
  • 移民を視野に入れて職業に就きたい

④Ontario州:ESC English for Health Care (4週間~16週間+ボランティア)

このような方におすすめ

  • 高めた英語力を使って+αの勉強がしたい
  • 日本帰国前に医療関係の英語を学びたい
  • 医療関係の施設でボランティア活動をしたい

ESCのEnglish for Health Careプログラムは4週間から16週間まで受講可能なプログラムで医療に関係する英語を学ぶプログラムです。カナダで学んだ英語をさらに磨く場としても最適です。また16週間通学した場合オプションでボランティア体験をすることもでき、学校で学んだ医療英語をしっかり実践できる機会がある点もおすすめです。