1. HOME
  2. メルモNOTE
  3. 留学道⑨‐天上天下唯我独尊!

留学道⑨‐天上天下唯我独尊!

4月は、イースター(キリストの復活祭)ということで、至る所でウサギを目にされた方も多かったのではないでしょうか?

ただ、なかなかキリスト教、イエス様と言っても日本人にはピンと来にくいもの。
イエス様は磔の刑になった後、復活した?何それ?と思っちゃう方も多いかと思います。

実は、日本人にとってもなじみ深い、あのお方も4月に誕生日を迎えています!

そう、お釈迦様です。

(※留学関係あるこれ!?と思ったあなた、大丈夫です、戻ってきます。笑)

お釈迦様の誕生日は4月8日。

日本人にとっては、始業式のイメージが強い日付ですね。

まさに今、学校や仕事を開始され、慣れない生活に戸惑いながらも頑張っている方も多いでしょう。

日本人にとって、【春】という季節は特別です。
桜が咲いて、暖かい日が多くなるため薄着になりますし、緑も増え、一気に華やかで晴れやかな気持ちになる時期です。

ただ、カナダなど北米では新学期が始まるのは9月ですし、特にカナダは4月はまだ寒いため(トロントでは雪が降ることもあります)、あまり【始まり】というイメージはなく、留学生の方は『いつまで冬なの!?』と思いますよね。

新しいことの連続で緊張し、少し息切れしそうな方もいるかもしれませんね。

ちなみに、お釈迦様の残した言葉に【天上天下唯我独尊】というものがありますが、この言葉の意味はご存知でしょうか?

以前調べてみるまで、私の中では、暴走族の特攻服の背中に書いてある言葉、というイメージでした。(お釈迦様、すいません。笑)世の中で最高に尊いのはただ一人、自分である!というような、なんというか、強気で独りよがりな言葉だと思っていたんですね。

調べてみたところ、【我】という言葉は、【私】という意味ではなく、【自分(わたしでもあり、あなたも、みんなも)】という意味だそうです。

つまり、この世の中にあなた(自分)という存在は1つしかなく、そのこと自体が尊い、というように解釈します。

少し懐かしいですが、SMAPの【世界に1つだけの花】の、【ナンバーワンにならなくてもいい、元々特別なオンリーワン】という言葉が、【努力せずにそのままでいい】という概念を植え付けてしまって、日本人を堕落させた!なんて批判する方もいると聞きます。

ただ、【天上天下唯我独尊(紀元前バージョン)】も【世界に1つだけの花(2003年バージョン)】も根底にあるのは同じ考え方なのだと思います。

まずは、自分という存在は唯一無二であって、尊い、ということを出発点にしましょう。ということなんですね。

さらに、【我】という字から、ワガママ(我儘)という言葉を連想します。【儘(まま)】と言う言葉は、あるがまま、そのまま、という言葉の通り、【成り行きまかせて結果に頓着しない、元の通りで変えない、状態が続く】という意味です。自分は、完璧で非の打ち所がないと思っている方はきっといないでしょうから、ワガママでいい!とは皆さんきっと思わないと思います。

釈迦のオリジナルソングも、SMAPのカバーバージョンでも、【我というのは尊いのだから、完全ではない我(わたし、あなた、みんな)が、その儘でいること自体も尊い】とまでは言っていない、と気付きます。

言った!と感じるのは、聞いた方の【解釈】ですね。

そう考えると少し答えが見えてくる気がします。

私も、あなたも、他のみんなも、尊い。素晴らしい。 

だから

⇒誰かと比べたり、戦ったり、奪ったりして、自分の存在を何かに証明しようと頑張らなくてもいい。

でも

尊いということは、正しいという意味ではない。

だから、正しくあるために、あなたも、私も、みんなも頑張ろう。

とはいえ・・・・、この正しいが曲者です。
お釈迦様は、八正道と言って、正しい道の方法として8つを説いています。
(※大丈夫です、留学に戻ってきます。笑)

  • 正見(しょうけん) 正しい見解、人生観、世界観。
  • 正思(しょうし) 正しい思惟(しい)、意欲。
  • 正語(しょうご) 正しいことば。
  • 正業(しょうごう) 正しい行い、責任負担、主体的行為。
  • 正命(しょうみょう) 正しい生活。
  • 正精進(しょうしょうじん) 正しい努力、修養。
  • 正念(しょうねん) 正しい気遣い、思慮。

でも、これを実践しようと思ったら、とってもとっても難しいんです!

プラス、正しいってなんだよ?(笑)

これを考えるのも、人生という修行なんですね。そして、人生はもう苦しかない!開き直れ、とも言っています。

お釈迦様、実にスパルタです。

さて、最後にやっと(やっと!)留学に話を戻してきます。

以前から言っている通り、限られた時間で限られたことを自分なりにやる、正解はない、という意味で留学は人生に似通っています。

だから、他の人はこうしているのにそれと比べて私は・・・なんて人の留学と自分の留学を比べなくていいんです。

まだまだ若い皆さんですから、本当に正しいことを、失敗も間違いもせずに、正しくできることなんてありません。ただ、あなたやあなたの人生にとって正しいことの答えは、自分が持っているはずなんですよね。

  • 〇〇人はこんなやつと差別意識を持ったり、ジャッジすることは正しい世界観を養うだろうか?
  • とりあえず留学に来たことでゴールになってしまって努力する意欲を失ってないか?
  • 別の言語で、スラングや汚い言葉ばかり使ってないだろうか。
  • 周りや誰かのせいにしていることはないだろうか?
  • 飲み会や遊びにかまけすぎているということはないだろうか?
  • 宿題やプログラムを、本当に精一杯努力しているだろうか?

と、たまに少し振り返ってみることで、おっとっと、こりゃダメだ、と軌道修正できるかもしれません。

他の誰とでもなく、自分が理想とする自分の留学に近づけるように、自分なりに【正しく】努力してみましょう。

もしかしたらワクワクしながら新しいことに取り組めるかもしれません。
そして、結果ではなく、そんなあなたと、あなたが積んだ経験がとても尊いのだと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事