1. HOME
  2. インタビュー
  3. 英語はアイデンティティを伝えられるツール

英語はアイデンティティを伝えられるツール

飯田 友希さん

 

2016年、カナダの首都オタワの公立小学校で日本文化の先生として9ヶ月滞在。日本帰国後は非営利団体や国立大学法人等で外国人留学生の就職支援に6年間携わる。
2023年9月から再度オタワへ社会人留学。公立カレッジでProject Managementを学ぶ。
2024年5月より米国資本の人材会社Cinter Career CanadaのProject Managerとして日本人向けのカナダ就職サービス立ち上げに奮闘中。

わたしにとって英語とは?
自分のアイデンティティを世界中の人々に伝えられる最大のツール!

カナダで留学してみませんか?
  • カナダの大学・カレッジ進学に興味がある
  • ワーホリで働きながら留学したい
  • カナダで就職・移民が気になる
  • Co-op、看護師留学など多数取り扱い

あなたに合った留学のカタチをご紹介します。留学のご相談は無料です。

英語学習のきっかけ

カレッジ進学された飯田さん。進学には高い英語力が必要ですが、そもそもなぜ英語を勉強しようと思ったのですか?

2016年、まだ私が日本の大学生だったときにカナダの小学校で9ヶ月間インターンをさせてもらったことがきっかけでした。オタワの公立小学校で日本文化の先生として毎日子どもたちに授業をしなければならなかったのですが、瞬発的に子どもたちの質問に対応するための英語力が乏しく、最初の数カ月間は悔しい思いをたくさんしました。多くの方のサポートを得ながらカナダで過ごすうちに、英語は語彙力だけでなく伝えようとする気持ちを表現することが大切なのだと気づきました。それからはまず恥を捨てて、「とりあえず自分がもっているボキャブラリーで伝える努力をしてみる!きっと相手が想像してくれたり言い換えたりしてくれる!」というポジティブ精神で生活してみたら、カナダでの生活がとっても楽しくなりました。

日本語だと会話をするときにいちいち相手がどう感じるかを考えながら話してしまうのですが、英語だと笑顔やジェスチャーなど、非言語のコミュニケーションが大切になると感じますし、むしろ喜怒哀楽をわかりやすく伝えられるのは日本語より英語だなと感じるときもあります。英語を勉強することで、自分自身の気持ちをより開放できるような気分になれていることが、カナダという英語圏に、社会人になった今もう一度滞在することを夢見ていた大きな理由かもしれません。

日本で留学生向けに英語キャリアガイダンスをしているときの一コマ

英語学習について

英語力を上げるためにどのようなことに取り組んでいたのですか?

日本国内では、BBCの無料アプリや英語のポッドキャストなどを通勤中に聞き流していました。仕事でも、英語を使ってできる仕事に率先して立候補して英語を話す機会を増やすようにしていました。日本では外国人留学生のキャリアサポートをしていたので、留学生から英語を教えてもらうこともありました。最初は英語を話すことに勇気が必要でしたが、英語を使って発信をすると、より多くの留学生が情報を見てくれることに気づき、英語の資料や動画を作成するようになったことも英語力アップにつながったのではないかと思います。また、新型コロナが流行したあたりから、LinkedInを活用した情報発信・情報収集をはじめた際、英語で記事を読んだりコミュニケーションを取ったりすることでより多くの人々とつながれることを実感したため、LinkedIn上で英語での積極的なネットワーキングを心がけています。

カレッジのProject Managementコースでチャリティイベントのプロジェクトマネジメントを担当

学習する中で、難しいと思うことやうまくいかないことはありますか?

どれだけ英語コミュニケーションが好きでも、IELTSなどの英語試験のスコアアップを目指すには戦略的に勉強することが必要だなと、現在身を持って実感しています。。公立カレッジ在学時は勉強やパートタイムの仕事などに追われ、英語試験対策が思うようにできませんでした。カレッジを卒業した今、勉強仲間を作って毎日コツコツ勉強していきたいと思います。

英語力が上がった!と感じるのはどんな時ですか?

一度目のカナダ留学では、カナダ入国時に審査官の質問にうまく答えられず別室送りに(泣)9ヶ月の留学を経て、二度目のカナダ渡航で入国した際には、審査官から英語を褒められながらすんなり入国できました。自分自身の英語力の変化をスリリングに体感できた瞬間でした。

カレッジのProject Managementコースのクラスメイトと

英語に関する目標

今後の英語学習や英語を使っての生活・キャリアに関する目標を教えてください。

「現地企業の採用担当者に信頼してもらえる英語コミュニケーションスキルを身につける!」
日本で経験してきたグローバルキャリア支援の経験と、オタワの公立カレッジで学んだ事業管理スキルを活かして、現在トロント・オタワを中心とした企業と日本人の架け橋になれるようなキャリアサポートサービスの構築に奔走しています。日本人のトロント・オタワ就職をもっともっと応援できるように、現地企業の採用担当者の方に「Yuukiだったら信頼できる!頼んでみよう!」と思ってもらえるような英語コミュニケーションスキルを身に着けたいです。そのためには、学び続けること、勇気を出して挑戦しつづけることが大切だなと感じています。

オタワで開催された日本イベントでの一コマ

【一問一答】

    • カナダに来た時の英語力
      初めてのカナダ留学当初はTOEC600点程度でした。日本で6年間働いている間に英語を勉強し、895点まで伸ばして二度目のカナダ留学に挑戦しました。

 

    • もし不自由なく英語ができたら?
      自身の伝えたい思いを思う存分書いて、今までカナダでお世話になったすべての方々にメッセージを送りたいです!日本語だと細かい表現ができるのですが、英語だとなかなか難しくて。さらっと粋なメッセージを書いてプレゼントに添えられるような人に憧れます。

 

  • おすすめ英語学習ツール
    ・THIS IS US(テレビドラマ)…アメリカが舞台のファミリードラマ。多様性や家族の形について温かい気持ちで観られるドラマです。泣きながら英語での日常会話を学べます(笑)
    ・BBC Learning English(無料英語学習サービス)…English at WorkというPodcast シリーズが大好きです。主人公のAnnaが新入社員として入社してからの波乱万丈な生活を見守る気持ちで、就職活動や仕事で使える英語を楽しく学べます。「Box Sets – English at Work」とYouTubeで検索してBBCのプレイリストを探してみてください。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

毎月お得なキャンペーン


毎月お得なプロモーション