1. HOME
  2. カナダトピック・求人
  3. 今の食品価格事情は?ポピュラーな商品の価格一覧

今の食品価格事情は?ポピュラーな商品の価格一覧

 Statistics Canada(カナダ統計局)は、食品の料金は去年度比で7.4パーセント上昇したと発表した。年間インフレ率は5.7パーセントとなり、1991年以来の最高値を記録した。経済学者は年度の後半には緩和すると予想しているが、とは言え、3月にもさらなるインフレが起きそうな見通しだ。カナダ統計局は、今回の物価上昇に最も大きな影響を与えたのが日用品の消費者物価指数の上昇だとしている。よく消費される日用品の、21年2月比での価格上昇率は以下の通り。

 牛乳:6.6%・卵:7.2%・鶏肉:10.4%・牛肉:16.8%・ベーコン:16.1%・りんご:5.3%・オレンジ:9.4%・バナナ:3.7%・その他フルーツ:3.8%・パン類:3.7%・コーヒー:8.5%など(記事内、または統計局データを参照)

ニュース:https://www.theglobeandmail.com/business/article-how-expensive-are-food-products-getting-in-canada-a-breakdown-of-some/
統計局データ:https://www150.statcan.gc.ca/t1/tbl1/en/tv.action?pid=1810000403

おっちゃん’s EYE

 最近、スーパー行っても高いなぁとは感じてたけど、数字で見ると余計に実感するな。日本でも最近値上げのニュースばっかりやで。統計局のフルリストのリンクもつけたよってにぜひ見たってや。

 ちなみにデータ内で一番価格上昇率が高いのは、【Edible fats and oils】、つまり食用油脂(キャノーラ油・大豆油・パーム油)でなんと26.5%。実はカナダは世界でも有数のキャノーラ油の原産国なんやけど、2021年は、大豆油(ブラジルなど)・パーム油(マレーシア)とこの3種類の油の原産国が全て気候変動の影響で、気温上昇・大雨・干ばつに見舞われて生産量が落ちて価格が高騰中なんや。おっちゃん串カツ食べられへんでもう…。

カナダトピック・求人

カナダトピック・求人一覧

最近の記事