1. HOME
  2. 留学情報
  3. カナダで遭遇するかも!カナダで見れる野生動物たち

カナダで遭遇するかも!カナダで見れる野生動物たち

カナダは日本と同様先進国で、トロントやバンクーバーでも知られるように都会もあります。しかし、何といっても日本の国土の27倍の大きさをもつカナダでは、都会と自然が同居しています。そのため、カナダで暮らしていると身近なところで野生動物に遭遇するということも珍しくありません。

本日は、カナダに生息する野生動物たちをご紹介します。

カナダで留学してみませんか?
  • カナダの大学・カレッジ進学に興味がある
  • ワーホリで働きながら留学したい
  • カナダで就職・移民が気になる
  • Co-op、看護師留学など多数取り扱い

あなたに合った留学のカタチをご紹介します。留学のご相談は無料です。

リス (Squirrel)

日本では普段あまり野生のリスを見かけることは少ないかもしれませんが、カナダでは至る所にリスが生息しています。カナダでよく見かけるリスは、皆さんが想像するシマリスではなく、黒っぽくて意外と大きく、まん丸いリスが多いようにも感じます。ちなみに小さいシマリスもいますが、シマリスはChipmunkと言われています。

アライグマ (Raccoon)

見た目も愛嬌があるので親近感が湧くのですが、カナダではごみを漁ったり、畑を荒らしたりと厄介な動物として扱われることが多いです。日本人からすると、アライグマは珍しくてかわいいと思ってしまいますが、とても狂暴で菌を持っていることもあるので、見かけた際には近づいてむやみに触ったりせず、その場を離れるようにしましょう。夜行性で木に登って隠れていたり、家の隅に隠れていたりすることもあります。

スカンク (Skunk)

遠くにいても、においでわかるスカンク。住宅の庭先に現れることもあります。万が一、ガスを噴射されたら洗ってもにおいがしばらく取れないともいわれており、飼い犬などが巻き込まれると厄介なことにも。。
スカンクを見つけたら、刺激しないようその場を静かに離れましょう。

カナダグース (Canada Goose:ガンの仲間)

日本でも有名なダウンジャケットのブランド名としてご存じの方が多いのではないかと思います。
水辺がある草むらで群れをなしていることがあり、稀に道路を通行する場面に出くわすと、そのために車が渋滞を起こすこともあります。
見た目はゆったりしていて特に害はなさそうに見えますが、特に子育ての期間はGooseは狂暴化します。近づいてしまうと執拗に追いかけられたり、攻撃されることもあるので、適度の距離をもって見守りましょう。

ブルージェイ (Blue Jay:カケスの仲間)

こちらはMLBトロントブルージェイズのマスコット、ロゴにもなっているのでご存じの方も多いのではないでしょうか?
青色で形もとても綺麗な鳥です。緑が多い公園などに行くと、見ることができます。

ルーン (Loon:アビの仲間)

こちらは1ドル硬貨に描かれている鳥として有名です。※ ← ルーニー(Loonie)という1ドル硬貨のニックネームもここから来ています。
ルーンはオンタリオ州の鳥としても知られていて、外見も鳴き声もとても綺麗です。

ムース (Moose:アメリカヘラジカ)

ゆうゆうと歩くムース、見た目はなんだかゆったりしてそうですが、オスでは平均体重600Kg、大きいものだと800Kgにも上ると言われています。夜から明け方の暗い明りのない道路を車で運転する際には注意が必要で、万が一衝突するようなことがあるとすると、車(運転側)が大破してしまうほどの衝撃になるようです。

野生動物への餌やりは禁止!

オンタリオ州トロントでは、2023年4月1日から野生動物への餌付けが法律によって禁止されています。この法によって、公共、私有地に関わらず野生動物への餌やりは禁止になっていますのでご注意ください。現時点では、罰金額は確定していませんが、違法者には罰金が科せられる可能性が高いとのことです。
野生動物は珍しく、かわいいと思ってつい触れてしまうこともあるかもしれませんが、菌やマダニを持っている場合も大いにあります。つい最近は、鳥インフルエンザに感染した鳥の死骸もカナダ国内で発見されています。野生動物には決して気軽に近づいたりすることなく、遠くから見守るようにしてください。
人と野生動物の距離を保って、カナダでの生活を楽しみましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

毎月お得なキャンペーン


毎月お得なプロモーション