1. HOME
  2. インタビュー
  3. 「サーカスティックなジョークを交えた会話でどんなタイプの人ともすぐに距離を縮められるようになりたい」島袋 琴乃さん |英語とわたしとカナダ

「サーカスティックなジョークを交えた会話でどんなタイプの人ともすぐに距離を縮められるようになりたい」島袋 琴乃さん |英語とわたしとカナダ

島袋 琴乃さん
(シマブクロ コトノさん)

東京出身/カナダ在住歴5年

 

【経歴】
2015年~2017年  特別養護老人ホームに勤務
2017年~2018年 ワーキングホリデーで渡加する
2018年~ 日本とカナダを行き来した後、現在の夫と結婚。夫と自営業している傍らTORJAでライターとして働く

英語を勉強しようと思ったきっかけ『いつか海外に住む!』

 東京の小学校に通っていたのですが、両親が沖縄出身ということで日本人ぽくないルックスをしていた私は低学年の頃から「外国人!」と呼ばれたり、周りと顔の特徴が違うということを気付かされる出来事が日々の中でありました。今思えば捉え方によっては「いじめ」にもなりうるのかなとも思いますが、私は逆に「みんなと違う」ということに特別感を感じていました。

外国に興味が湧き出した幼少期

外国に興味が湧き出した幼少期

 自分の意識もアメリカのTV番組や、海外のゴシップ誌に向き、周りがAKBや嵐に夢中な中、ワン・ダイレクションやテイラー・スウィフトに夢中な中高生になりました。今でいうオタ活として、好きなアーティストに習った英語でファンレターを書いたり、夜な夜な英語歌詞を書き写して完コピしてカラオケで歌えるように練習したり、英語は全く喋れないけど、英語に触れる機会は自分で無意識に作っていたように思います。そこから、海外への憧れは強くなるいっぽうで「いつか海外に住む!」が目標になった高校卒業後から、本格的な英語学習を始めました。

英語学習を始めた当初『基礎の重要さに気づく』

 当初は、好きな曲の歌詞から単語や言い回しを覚えたり、洋画を和訳、英訳で繰り返し観て発音を勉強したりしていました。しかし、それでオシャレな言い回しやスラングなどは勉強出来たのですが学校の授業が苦手で英語の成績もそこまで良くなかった私は基礎がなってないから英文を頭の中で作れないということに気づき、避けてきた机に向かっての勉強を始めました。

 独学って何をしたらいいの?と右も左も分からなかった私は無理やりTOEICを受ければ対策勉強中に文法や基本の単語も覚えられるだろうと思い、全文英語の過去問集と、初心者向けの参考書、スマホの翻訳機能をフルに使いTOEICを使った勉強を半年間しました。テストの結果は、480点程でしたがそこで文法と単語の基礎を固められたと思っています。

英語力をあげるために『人に見られるかもという緊張感を活かす』

 今では読み書きが好きなことを利用して、洋書を読んだり、エッセイ添削のサービスなどを使いながら英語の表現を増やしています。スピーキングや発音は、ツイッターで「2分スピーチ」というテーマについて2分間語る動画や、記事を読み上げる「音読チャレンジ」という動画をたまにあげています。メリットとしては人に見られるかもという緊張感があるので、いつも以上に細かく自分の発音やイントネーションに集中して練習できること、顔を出す際は自分の表情や口の動きも確認できることがあると思います。

英語学習の難しさ『言語学習は一生続く』

 難しさでもあり楽しさでもあるのですが、英語圏に住んで英語を毎日使っていても、英語から意識が離れると一瞬で英語力が落ちることは何回も経験しています。例えば、外で英語を使っていても家で日本語のYouTubeばかり観ていれば1週間程で会話中に「あれ?英語が出てこない。」という状態に陥ります。そういうときは、英語のポッドキャストや動画を使って自分の中の英語のリズムを取り戻すようにしています。

ディスティラリー地区にて

ディスティラリー地区にて

英語にまつわるストーリー『自分の英語は生の会話では全く通用しないんだと涙』

 カナダに到着した2日目に、ホストマザーの提案で学校への行き方を実際にTTCを使いながら確認することにしました。初めての土地でもちろん駅名やストリート名も聞きなれない中、降りる駅を間違えて迷子になったんです。そこでバスの運転手に行き先を見せて行き方を教えて欲しいと頼んだのですが、私の英語も通じず、彼の言っていることも理解出来なくて挙句の果てに私のことが鬱陶しくなった運転手は私を押し倒したんです。ショックで席にストンと力が抜けるように座ったら、意思疎通ができるくらいのレベルはつけてきたという自信もあったのに自分の英語は生の会話では全く通用しないんだ、と涙がこぼれてきました。一人、二人と乗客が降りていき空いてきたタイミングをみて運転手が私を呼び、私の目的地に近い、停留所ではないところで特別に停めて降ろしてくれたので助かりましたが、帰り道もなかなかのチャレンジで往復1時間半の通学路に7時間程かかった記憶があります。家に着いた頃には外は真っ暗で現地のSIMカードもまだ買ってなかったので連絡もつかず、ホストマザーはあと数時間遅かったら警察に連絡しようと思っていた、と心配をかけてしまいました。

ホストファミリーとハイパークにて

英語力アップを実感『覚えたばかりのフレーズを会話の中でスムーズに使えたときは、スカッとします』

 カナダに来たばかりの私の英語力を知っている何人かのカナダ人の友人たちが、「人間ってたった数年でこんなに成長することが出来るんだ」と、唖然している姿を見たときは心の中でガッツポーズしました。また、洋画や、スタンダップ・コメディを和訳なしでその言語のニュアンスのまま理解出来るのは言語学習者の至福の瞬間だと思います。

【一問一答】

  • カナダに来た時の英語力
    TOEIC 480点
    語学学校のクラスはIntermediateから始める
  • 私にとって英語とは
    唯一続けられている趣味
  • オススメの学習ツール
    Twitterで2分スピーチをあげる
    Huluやディズニープラスで観られる「Modern Family」
    英会話コーチさくらこさんの自分で書いた英文をこなれ英語に変換してくれる英英変換サービス
  • 目標
    発音やイントネーションを鍛えていきたいです。まだまだ発音が間違っていることで誤解を生み、会話がスムーズにいかないことがあるのでそれをゼロにしたいです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事