1. HOME
  2. 学校紹介
  3. BLI キャンパスツアー

BLI キャンパスツアー

BLIのキャンパスツアーに参加しました!

BLIはケベック州モントリオールとケベックシティにキャンパスを構える語学学校です。モントリオールではもともと英語とフランス語の両プログラムが同じキャンパスで開校されていましたが、2022年フランス語キャンパスが新設され、英語プログラムとフランス語プログラムが別々のキャンパスで、それぞれの言語環境で受講できるようになりました。また、ケベックシティキャンパスも新キャンパスへ移転し、ますます活気に溢れています。

今回は新しいキャンパスをご紹介いただけるということで、BLI主催のキャンパスツアーに参加してまいりました。

モントリオール英語キャンパス集合

日本人スタッフさんがお迎えに来てくださりました。

日本人スタッフさんはモントリオール校にいらっしゃいますが、ケベックシティ校の学生サポートもされています。日本人の学生にとっては日本人スタッフさんがいらっしゃるのは心強いですね。

ラウンジにて。ご用意いただいた軽食とお土産です。

英語キャンパス内を見学

授業風景

休憩時間にラウンジで過ごす学生たち

学生が自由に使えるパソコンが用意されています

教室毎に名前が付いており、それぞれカナダの都市名になっています。
留学している国の都市について知る良いきっかけとなりますね♪

フランス語キャンパスへ移動

英語キャンパスとフランス語キャンパス間は徒歩約5分の距離です。

新設されたフランス語キャンパスはモダンな内装で各教室に窓があるため、明るく開放感があります。

休憩時間にラウンジで過ごす学生たち

ケベックシティ新キャンパスへ移動

ケベックシティ新キャンパスは旧市街地(オールドケベック)のほど近くに位置し、周辺には観光名所やおしゃれなカフェやレストランが多く存在しています。

BLIの新しいキャンパスは、カナダの元総理大臣ルイ・S・セント・ローラン氏が居住していた邸宅で、カナダの歴史的建造物として登録されています。

内装はリノベーションされている部分もありますが、住まいとして使われていた当時のまま残されている部分もあり、外装・内装ともに美しいキャンパスです。

休憩時間にラウンジで過ごす学生たち

もともとが住居であったこともあり、温かい雰囲気が漂っています。

何とも贅沢な学習環境ですね。
それぞれの言語に特化したキャンパスで集中して学習できるBLI。各キャンパスとも立地が良く、カナダの歴史と文化を味わえる一方で都会の便利さも兼ね備えています。スタッフや講師の皆さんも温かく迎え入れてくださり、魅力溢れるキャンパスツアーでした。

◆おまけ◆ケベックシティ旧市街を散策しました♪
(写真:ケベックシティ ※できれば建造物の名前や通りなどを添えて → 取り急ぎ写真のみ)

モントリオール、ケベックシティへぜひ勉強しに来てくださいね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事